このブログを検索

2007年7月23日月曜日

樹海の戦士その12 ウォーダンサー


 今回の「樹海の戦士」はスペシャル枠の「分散隊形」ユニット、ウォーダンサーを紹介します。

 ウォーダンサーはスペシャル枠で編入されるユニットで、このユニットもまた「分散隊形」、「心理ルール無視」、「護りの紋様」、「ロエック神のシャドウダンス」「ウォーダンサーの武器」と言った多くのスペシャルルールが適用されていますので、前回のツリーマンやワイルドライダーと同様に、ゲーム開始時に相手プレイヤーへの説明が欠かせません。
 このユニットはウッドエルフのエリートユニットらしく、能力値が非常に高いのが特徴の一つです。
 中でも取り分けて(敏)6と(接)6が飛びぬけて高く、特にキャラクターでない兵が(接)6を持つユニットはゲーム全体を見渡してもハイエルフの「ソードマスター・オブ・ホエス」のみで、人間のヒーローに対しては3+ヒットロールを可能にします。
 また、彼らの専用武器「ウォーダンサーの武器」は(回)+1に加えて突撃時のみ(攻)にも+1のボーナスが適用される為、先制突撃が出来ればかなりの高い攻撃力を期待出来ます。
 そして、ウォーダンサーの最大の特徴としては「ロエック神のシャドウダンス」が挙げられます。
 これはダンスを踊りながら戦うウォーダンサーのファイティングスタイルをルール化したもので、接近戦の際に4つのダンスの内1つを選んで闘います。
 ただしターンを跨いで継続して戦い続ける場合、1つのダンスを連続して選ぶ事は出来ません。
 その演目の内容としては、
1.「風巻く死」 ウォーダンサーの攻撃に「必殺の一撃」が適用される
2.「吹きすさぶ刃」 (回)+1のボーナス
3.「影の螺旋」 4+のワードセーヴィングを得る
4.「うねる霧」 (回)が-1される代わりに常に攻撃の先手をとれる

と言った具合です。
 「ウォーダンサーの武器」とのコンビネーションを考えて、4つのダンスを選択します。
 「風巻く死」は強力な攻撃で、セーブの硬いキャバルリーや複数の(傷)を持つキャラクターなどに対して威力を発揮します。
 恐らく、ウォーハンマーにおいて、「必殺の一撃」を安定して期待できる唯一のユニットだと思います。
 ただしキャバルリーは足の速さの関係で、先制して突撃を決めるのはなかなか困難です。
 「吹きすさぶ刃」(回)が増えるので、歩兵ユニットに対して大きな戦果を期待出来ます。
 「ウォーダンサーの武器」の突撃時の(攻)ボーナスとの相性が一番良く、余程の事情が無ければ、相手がキャバルリーであっても突撃を決めた時には「吹きすさぶ刃」を選択するのが良いと思います。
 「影の螺旋」と「うねる霧」は、あまり攻撃的に使えない為、「隊列」や「スタンダード」の戦闘結果ボーナスが無く与えたダメージのみでポイントを稼がなくてはならないウォーダンサーにとっては、使うシチュエーションが少ないと思います。
 ダンスの選択としては、突撃時は「吹きすさぶ刃」その後のターンに戦闘が継続した場合は「風巻く死」を選んで、状況によっては「影の螺旋」「うねる霧」を選択するのが良いと思います。
 いざ突撃を受けると、突撃リアクション「逃走」を選択できない(心理ルール無視)上、(耐)3、セーヴィングは6+ワードのみとなっているので、突撃を受けた場合生き残るのは非常に困難だと思います。
 もしも突撃を受けてしまった時は、相手の出目がコケるのを期待して「風巻く死」を選択するしかないかな?と思います。
 実戦では、 無理にキャバルリーを狙って動くと、足の速さの関係で返り討ちに遭う事が多いので、基本的には、ドライアドと同様に他のユニットと連携して戦う事が基本になるでしょう。
 それからウッドエルフの強敵ユニットの一つとして、ビースト・オブ・ケイオスのビーストハードが有りますが(「隊列」ボーナスを持っているにも拘らず、「分散隊形」である為、側・背面を取る事が非常に困難です)、このユニットに対抗する為には、一瞬で大量のダメージを与える能力を持つウォーダンサーが極めて有効です。
 私は2000ptsの場合、大抵9人編成で1ユニットを編入しています。(好みの問題も大きいのですが)
***
 ミニチュアについてですが、写真の物は旧版のミニチュアで、ミュージシャンと中央右側の女性モデルだけはコンバージョンして有ります。
 逆立てた髪とウォーペイントが、大きな特徴です。
 今版ではこの髪型が無くなってしまったので、少し寂しいのですが、新モデルもいずれ完成させようと思っています。
 実はウォーハンマーを始める時にウッドエルフを選んだ理由は、このウォーダンサーを使いたかった為でも有り、初めてペイントしたウォーハンマーのミニチュアもウォーダンサーです。
 そんな訳で、自軍のミニチュアの中でも、非常に思い入れの深い物の一つです。

4 件のコメント:

天 さんのコメント...

女性モデルの素体は髭親父がウイッチハンターの
コンバットサーバイタに使ったのと同じデスネ!
やっぱり彼女は人気があるのカナ^^

スノット さんのコメント...

>天さん
 この素体のミニチュアは、最近のモデルの中では特に美人に出来ていますね。
 以前はドライアドを全員これでやってみようかと思っていた事が有りますよ。

ふうり さんのコメント...

私もかなり好きなユニットです~。
今は森の精霊アーミー組んでいますが、エルフ主体アーミーを組むなら是非とも加えたいユニットですね。
昔、ケイオスロード(騎乗)をキリングブロウで討ち取られた事があるので、過大評価気味かも(笑)。

スノット さんのコメント...

>ふうりさん
 ウォーダンサーはビーストと戦うときは必須になると思います。
 ケイオスナイトに「必殺の一撃」が決まると効果絶大なのですが、あくまでも6が出ないといけないので、安定して効果を期待するのは難しいですね。
 敵に回すと嫌だけれども、使う側はあまり当てにしていないと言った部分も有ります。