2016年8月28日日曜日

プロメウスタイプ 第6回 定点写真

 プロメウスタイプがひとまず完成したので、定点写真で振り返ります。
 6.24の仮組状態↓
劇中の特徴を良くとらえていて、元々出来が良いキットですね。

 7.13組上状態↓
この時点でかなり手を入れています。
 頭部機銃座、右手のアイアンクロー、各所の装甲表現など、主要な変更はほぼ出来ています。

 7.18↓
この先は比較的地味な作業になります。
 この時は左手のナパームガンの照準器に手を入れました。
 コックピット周りの窓枠もディテールアップしています。

 7.29↓
前からやろうと思っていた手すりを取り付けました。

 7.31↓
宿題になっていた上腕のパワーチューブをコイルスプリングで復旧しました。

 8.7サフ吹き↓
捨てサフはグレーを使っていますが、塗装下地としては今回黒を使いました。
 関節部などの処理で楽をしようと思ったのが理由です。
 また、鮮やかな色もちょっとくすむので、大型のWMには良い表現だと思います。

 8.9下塗り↓
ボディの黄色はダークイエローから

 8.11↓
  上に鮮やかな黄色を乗せましたが盛大にムラが出ています。

8.12↓
タムさんのアドバイスで中間に一発白みを入れてなんとかムラが収まりました。
 
 8.21↓
ウェザリングを始めました。

 8.28完成↓
こんな感じです。
 元のキットの出来が良かったのでオーラバトラーに比べると楽でしたが、WMという機械の特徴から「どんな使い方をするんだろう?」と考えながら手を動かすのが楽しいですね。

プロメウスタイプ 第5回 完成

 酒餅6に向けて製作中だったプロメウスタイプですが、ひとまず完成の運びとなりました。↓
基本塗装は前回終えていたので、ウェザリングがメインです。

ウェザリングは塗装の剥がれと埃の表現が主です。
 錆の表現もしようかと思いましたが、雨の少ない砂漠の事なので、最小限としています。
 それから、後部のジェットノズルは拙いながらも焼けを表現してみました。↓
締め切りは10月なので、この先手を加えるかもしれませんが、とりあえずこんな感じです。

2016年8月21日日曜日

プロメウスタイプ 第4回 塗装

 酒餅6に向けて製作中のプロメウスタイプですが、ようやく塗装に入りました。
 まだ完成してませんが、現在はこんな感じです。↓
 黒サフから各所に色を乗せていきました。
 前回の日記にも書きましたが、黄色を使います。
 WMは漁船や長距離トラックの様な感覚で塗装することとし、戦車の様な迷彩ではなく、やや派手目の色が良いだろうと考えました。
 僕は普段から筆塗派でして、今回も筆で行ってます。
 方針としては、キット箱絵のカラーリングをロールアウト時の物と仮定し、その上からユーザーが好みの色を付けたという設定で塗ります。
 だから胴体ならば黄色の下は青になっている訳です。
 そんな訳で、ボディを一旦基本色で塗ってから上にまずはダークイエロー(実際には旧シタデルのDesert Yellow)を掛けます。↓
  本来青を黄色に変えるだけだとボディの他はつま先の身と言う事になりますが、自己主張としては味気ないので、両腕のナパームガンジャケットとアイアンクローの装甲板、それから足の甲を黄色にすることにしました。
 写真だと分かりづらいと思いますが、ボディとクローの黄色は下地の色が違います。↓
 下地が透けているのがわかるでしょうか?
 これはアイアンクローが現地改修のアフターパーツであるためで、赤い錆止め塗装を下地に入れたことを表現します。
 色を乗せると解らなくなると思いますが…
 そんな感じで一段階づつ鮮やかな黄色を乗せていったのですが、やっぱりシタデルカラーでも黄色は発色が悪く、ヤバいほどムラが出てしまいました。↓ 
 結局白系を一度混ぜた方が良いというウォーハンマー仲間のタムさんのアドバイスを聞いて、Sunburst Yellowにタミヤのバフを混ぜて一度塗ってから改めて黄色を塗りなおしました。↓
 これから汚し関係ですが、岩砂漠の多い惑星ゾラでは雨も少ないと思うので、汚しは埃と塗装剥がれが中心になると思います。
 埃についてはバフを薄めに乗せていこうと思いますが、
 塗装の剥がれについては、衝突と摩擦によるものだと考えますが、衝突が起きやすいのは敵とぶつかる正面装甲や格闘戦に使われる腕と脚、摩擦は胴体と手足の干渉するヶ所や日常の使用でよく触るところが有ります。
 そんな訳でナパームガンのジャケット周りは角部分と、メンテハッチ廻り、装甲スカート周りは腕と接触しそうな角部分と乗員が乗り降りの時に手すりにつかまって飛び降りそうな気がしたのでサイドに摩擦表現、その他敵弾が当たったらしい表現をすることにしました。↓
衝突部は普段野晒ですが、摩擦部分はしょっちゅう物が当たっている筈なので、塗料の下には金属色を入れるつもりです。
 肩のタワー左側は以前燃料タンクで装甲が薄い事にしてました。
 そこに弾が当たって一枚交換したことにして、一ヶ所だけ綺麗なままにしました。↓
  後はまだですが、脚部は白兵戦でよく使うと思われるので、運転席に近い左足を重点的に剥しました。
 後はクロー、背面、エキゾーストパイプ、ジェットノズル、銃座と言ったところでしょうか?
 もうちょっとです。

2016年8月7日日曜日

プロメウスタイプ 第3回 各部工作、サフ吹き

 酒餅6に向けて製作中のプロメウスタイプです。
前回から3週間ほど空きましたが、現在はこんな感じです。↓
下地を終えて傷を探しつつのサフ吹きですが、今回は黒立ち上げで行う事にして黒サフを使ってます。
 各部の工作は時系列で、まずは頭部機銃座に出入り口を作りました。↓

機銃座の出入り口はどう考えても後部なので、エッチング定規で楕円形の穴を開口してプラ板で扉を作りました。
 位置関係から自ずとこうなりますが、それに伴い前回書いたレシプロエンジンルーム天面(機銃座から見ると床)のパネルを外すとエンジンの隙間を潜ってボディ前面装甲裏に廻りこみ、コパイロットシートに滑り込めるという俺設定を追加しました。
 と言うのも、最初プロメウスを戦車の様な感覚で作っていたのですが、パイロットとコパイロットの関係を考えていくうちに戦車と言うよりは漁船の様なスケール感を持つようになってきたからです。
 乗員は最大3人と戦車とあまり変わりませんが、操縦席の後ろには簡易ベッドも有り、コックピットと言うよりは長距離トラックのキャビンのようです。
 そんな訳で、エンジンルーム天板の一枚をスジ彫りして分割したようにしました。
 ロールアウト時の仕様ではなく、あくまで現地改修のイメージです。
 つまり、機銃手は白兵戦が始まるとエンジンルームを通ってコパイシートに逃げ込む訳です。
 そこで気づいたのですが、エンジンルームに潜り込む最中に銃座が後退すると機銃手が潰されてしまうので、1㎜角棒を内壁に接着し、ストッパーとしました。↓
 
 これも現地改修のイメージです。

 次にエンジン上と甲板回りに手すりを付けました。↓

 手すりは0.5mm真鍮線ですから、1/100なら50mmパイプと言う事になります。
 高さは本来ならば90センチくらいで1/100だと9mm程度になりますが、実際やってみるとかなりうるさい感じなので、7mm程度に抑えました。
 本来劇中でこれらウォーカーマシンを扱うシビリアン達は極めて頑丈な人たちなので、そもそも手摺が要るのか疑問が残る部分もあるのですが、これを付けるとスケール感が出るので、やって良かったようです。
 
 それから右腕のクローにクレーン吊用のフック受けを付けました。↓
 スコープドッグの様にシャックルも付けておこうかと思いましたが、ガチャガチャうるさそうなので、基部だけ、使用してる鉄板も厚く相当な重量の筈なので、4点吊としました。
 また、腕部の(多分)油圧チューブは元のポリパーツから1.5mm径のコイルスプリングに置き換えました。↓

 肘の外側をすこし長めに、内側をすこし短めにしておくと可動の邪魔になりにくいようです。

 それと脚部は昔ながらの挟み込み関節になっているので、分割線を変更して、仕上げ後に接着するようにしてみました。↓

 それから最後にパイロットですが、キットには2体分のパイロットのフィギュアが入っています。
 いろいろ考えた結果、一人はメインパイロットシートに↓
 全く見えません。
 そしてもう一人は機銃座に乗せました。↓
 銃座は好きなように弄ったので不安でしたが、着座姿勢をちょっと変更したら座ってくれました。

 これから塗装ですが、黄色系で行こうかと思っています。
 今月中には完成させる予定です。

2016年7月18日月曜日

プロメウスタイプ 第2回 本体自立他

 前回に続き酒餅6に備えてプロメウスの製作です。
 下半身が組み上がり(接着はまだしてません)自立可能になりました。↓
 キットの形状はかなり良いので、大きくは弄っていませんが、ポーズのバリエーションを付けたくて、股関節にボールジョイントを仕込みました。↓
 ボールジョイント取付と共に、スカート内での可動クリアランス確保の為、脚内側を抉り込んでいます。
 股関節と同様膝と足首も切欠いて可動範囲を広げました。↓
 そのお蔭で深くしゃがみ込む事が出来るようになります。↓
 プロメウスのコックピットは股間に有る為、このポーズが取れるようになると乗員は楽にかつ安全に乗降する事が出来ます。
 アニメの巨大ロボットでは無視されがちな部分ですが、使う人間にとっては大きな問題です。

 それからプロメウスで特徴的な両肩のツインタワーですが、裾部分の形が何か不自然なので、エポパテを盛って整形することにしました。↓

 そもそもこの部分はどんな理由でこんな形状をしているのでしょう?
 いろいろ考えた結果、「燃料タンクである」というのが僕の解釈です。
 燃料の様な可燃物が機銃座を挟み込んでいるのは少々気持ち悪いのですが、体幹の部分は駆動用のレシプロエンジンとジャンプ用のジェットエンジン、脚部の駆動装置とコックピットで一杯です。
 また、機銃座は劇中でもリモコン操作する事がしばしばで、必ずしも乗員が乗っている訳でもありません。
 また、燃料タンクの構造としては銃座を挟む垂直部分を厚い装甲板とし、表の曲面部分は比較的薄い鋼板で多い、かつ外れ易い構造とすることで、燃料に引火した際に外装側が吹き飛んで銃座や下のエンジンに被害が及ばない様になっていると考えることにしました。
 そうすると裾の部分は砲弾が下のエンジン部分に行かないようにやや厚い鋼板を廻していると解釈します。
 それと共に、銃座周りのパーツを後ハメ出来るように床面のレールにスリット上に開口して、そこを通るダボを銃座の床下に取り付けました。

 それから足部。
 いわゆる「靴」の部分ですが、形状が少々メリハリにかけるので、足の甲にプラ板を貼りつけボリュームアップすると共に、これは設定にはありませんが、少しだけ大きめに作った接地板を付けて、足裏には滑り止めのディテールを追加してみました。↓

 それと共に、踵側の蹴爪状のディテールについても、エポパテで底面を平らにして接地板を付けています。
 この蹴爪には昔から違和感を持っていたので、この際に手を加えました。

 次に股間にあるジェットエンジンです。
 キットでは装甲板にノズルを貼りつけるだけですが、本当に取って付けたように見えるので、一旦装甲板をくり抜いてプラ板で裏打ちし、そこに中から突き出しているような形でノズルを付けました。
 また、ノズル自体も更にくり抜いて、アフターパーツのスパイク(ザクの肩の奴です)を付けてジェットエンジンのコーンの様にしました。↓
 一緒に移っていますが、ジェットエンジンの上にレシプロエンジンが載っていると解釈し、上にエグゾーストパイプを付けました。
 現用戦車等では外から見えないように処理されている所ですが、模型的エンターテインメント性を考えてキングタイガーをイメージした物をタミヤプラ角棒とウェーブプラパイプで表現しました。

 そして各所の装甲板の表現です。
 プロメウスは戦闘専用と言うことも有って、WMの中でも比較的装甲が厚いと言う事です。
 こうした装甲の厚みを表現していきます。
 この機体の防御の優先順位は
1.コックピット
2.エンジン、銃座、燃料タンク
3.脚部
4.腕部
と言った感じでしょうか?
 この機体は胴回りにスカート状の装甲板が配置されているので、この上面(滑り止めのチェッカープレートになっている部分)に細切りのプラ板を貼り、装甲断面が見えている風な表現にしています。↓
コックピット周りは0.5mmプラ板を貼り足して、装甲が厚い表現としています。
 また、装甲同士の継ぎ目部分は、パンターやキングタイガーといったドイツ戦車の様に噛みあわせて溶接した表現として、装甲の厚みが外から解るようにしたいと思ます。
 また、コックピットは大きなガラス(多分厚いアクリル板?)窓になっていますが、立体的な一発物となっていて、シビリアンの手では修理出来無さそうだし、さすがに窓が割れただけで廃棄処分は考えられないので、窓枠を追加して、窓一つ一つの形状をもう少し単純な形状にしました。↓
 併せてコックピット周囲もごつくなって悪くない感じです。

 最後は左手のナパームガンですが、仕上げも近いので砲口部分をプラパイプでディテールアップしました。↓
劇中でナパームが発射されていたのは下の四角いノズルからなので、上のパイプ状の部分は照準器だと思います。
そこで照準器にはプラパイプと2㎜丸棒で照準器らしい形にし、下のノズルにもプラパイプを内蔵しました。
 四角部分は装甲も厚めで、やや過剰な感じもしますが、白兵戦時に荒っぽい使い方も考えれれるので、細いノズルをごつい装甲で囲った感じにしてみました。

 旧キット選手権も有るので、8月には完成させたいです。

2016年7月3日日曜日

プロメウスタイプ 第1回 製作開始

 ひと月振りの更新です。
 現在11月の旧キット選手権に向けて、ダンバイン2000年型ダンバードを製作中ですが、今回は別の物です。
 今回新たに酒餅6というネット参加のコンペにエントリーしました。
 既に製作中の作品が二つもあるのにどうかとも思いましたが、実は3年前に酒餅4にエントリーしながら途中棄権した経緯が有るので、そのリベンジの意味も込めて改めて参加することにしました。
 こっちは10月が締め切りなので、とりあえずこっちが先と言う事になりそうです。
 そして題材に選んだ物ですが、今回は久々にオーラバトラー以外の物を作ることにしました。
 大会の規定がガンプラ以外のモナカキット、いわゆる旧キットとなっており、前回棄権したヌージャデル・ガーにしようかとも思ったのですが、もう一つの規定として他のエントリーとキットが被ってはいけないというものが有り(この規定は面白いですね)、今回は別の題材で結構積んである戦闘メカザブングルに登場するウォーカーマシン(以下WM)の中から、1/100プロメウスタイプをチョイスしました。↓
今回プロメウスを選んだ理由はダンバードと同様、ある程度大きさが欲しかったのと、個人的にプロメウスというWMに思い入れが強かった為です。
 WMというのは惑星ゾラに住むシビリアンと呼ばれる一般庶民達が謎の支配階級であるイノセントから下賜される移動、作業、時には戦闘に使われる大型の歩行機能を持った機械ですが、このプロメウスはその中でも特殊で、両腕がナパームガンになっていて戦闘以外の作業が全くできません。
 また、移動においても歩行よりもジェットエンジンをふかしてのジャンプが中心です。
 つまりプロメウスは一般ユースには極めて不向きなWMでブレーカー(用心棒、ガンマンといった職業)にしか需要が無い上に、ジャンプ用のジェット燃料、ナパーム用の特殊燃料といった物を常に消費する金食い虫でもあり、ブレーカーの中でも余程稼ぎが良い者か大手運び屋(イノセントと直接取引資格を持つ交易商)のお抱えでもなければ維持できない物と思われます。
 実際劇中で使っているのも、運び屋キャリングカーゴお抱えブレーカーのキッド・ホーラ、ブレーカー集団の頭目アコン・アカグ、運び屋カラス・カラス夫人でブレーカーのグレタ・カラスといったある程度の立場の人物でした。
 おそらくブレーカーの間ではプロメウスは一種のステータスシンボルになっていたんじゃないかと思います。
 そこで考えたのは、「一匹狼のブレーカーが奮発してプロメウスを購入したものの、余りの使い勝手の悪さに少し日和った改造を施した機体」というコンセプトで製作することにしました。

 そして先ずは仮組。↓
今までオーラバトラーに目が慣れたせいも有りますが、かなり出来が良いです。
 そしてザブングルの1/100シリーズはポリキャップが採用されており、ノーマルでも結構ポーズが決まります。
 また、設定にはありませんが、キットオリジナルのギミックで、頭部の機銃座(コックピットに見えますが、本当のコックピットは股間です)が前後にスライドします。↓
白兵戦で銃座を守るためでしょうか?
 これはこれで悪くないと思います。
 放送当時もシリーズ全般非常に評判が良いキットでした。
 オーラバトラーに比べると簡単に形が出そうです。(というか殆ど出ています)
 ただ、ポリキャップ導入初期のキットであることも有って、肘関節がポリ製のパワーチューブの反発力に負けて曲がっても元に戻ってしまいます。
 また、当時のキャラ物のプラモデルは挟み込み関節が多いので、塗装と後嵌めの都合を考えて腕部の関節を一部作り直します。
 構造的にはこんな感じ↓


ナパームガンと肩も取り外し式にしています。
 組み立てるとこんな感じです。↓
関節部を少し削り込んだので、曲げ角も少し広くなっています。

 それから気になっていたのが、頭部の銃座です。
 元の設定からそうなのですが、機銃が俯仰はするのですが、左右への旋回が出来ません。
 ガンダムのバルカンなんかは頭部の動きで照準を合わせる筈ですが、プロメウスの場合は機銃を当てる為に砲手が操縦手に連絡して左右のポジションを調整するなんて考えにくいので、銃座に多少なりとも左右旋回を出来るように、1軸増やしてみました。↓
左右20度くらいしか動きませんが、操縦手が敵を前方に捉えていれば砲手が自分で照準を合わせられます。
 後はこれに合った元のデザインにある程度似せた防盾を付けようと思っています。

 そして前述していた「日和った改造」についてですが、作業の役に立たない両腕のナパームガンの内一方を、白兵戦や作業に使えるマニュピレーターに換装しようというものです。
 身長十数mの機械が腕で物を持てると言う事は、大型建機を使える以上の仕事が出来るので、彼にとっても使い勝手が良くなることでしょう。
 ただし、シビリアンたちにとってWMと言う物はオーバーテクノロジーであり、劇中では一部の人間を除いて満足な修理もできないような状況でした。
 そこで、現代の建機程度の技術で作れるような単純な構造のマニュピレーターにしてみました。
 基本的にはプラ板と角棒の組み合わせです。↓
3本爪のアイアンクローで、ハッタリも効いて良い感じだと思います。
 3本爪の内2本はフレームに固定式で、対になる1本だけが油圧機構で稼働し、物をつかむことができるという設計です。
 一応模型もプラ棒やプラサポ等で可動式にしました。↓

開閉共にこれがいっぱいの可動範囲です。
 可動機構はこんな感じ。↓
ちょっとスカスカな感じなので、油圧チューブ等のディテールを追加しようと思います。