このブログを検索

2007年12月3日月曜日

ドラゴンを作ってみよう② 1日目エスキース


 一昨日ドラゴン製作を決意してから最初の作業ですが、まずはどんなミニチュアを作るのかエスキースをしてみます。
 キットをノーマルに製作する場合こういった作業は特に必要無いのですが、今回の様に大規模な改造を加える場合はエスキースを行う事にしています。(画像)
 普段はノート等にざっと描いているのですが、今回は画像をアップする事も有って少し大きめの紙に描いてみました。(とは言えラフな代物ですが…)
 元のモデルとはかなり違うところも有りますが、最初に描く物は元のモデルの制約にとらわれずになるべく自分が思う理想形を描く事にしています。
 実際のモデリングは元のイメージには届かない事が殆どなので、出来うる限り最初に理想形をイメージしている訳です。

 と言う訳でエスキースですが、キットと比べて一番大きく違うのは首の位置です。
 このキットをフォレストドラゴンに改造するのに一番問題になるのが体の各部を覆う鎧ですが、首周りの鎧を削り取るよりもいっそ首自体を作り直してしまった方が思い通りの形になると思い、こういう形にしようと思います。
 キットよりも上半身(前半身?)のボリュームが大きめに描いたので、首を畳む様な形の方が重心が翼付近になって「飛びそう」な感じになると思います。
 それから頭部の形状もキットとはかなり違うのですが、キットでは眼が馬等の様に頭の左右についていて、焦点が正面で合わない形になっており、空を飛ぶ猛獣の顔としては似つかわしくないと思ったので、肉食恐竜の頭部を参考にして描いています。(ミニチュアでどこまで再現できるかわかりませんが…)
 それからベースに関しては、キットではウルサーンの遺跡の上をドラゴンが飛ぶ様になっているのでフォレストドラゴンのベースとしては森にすべきかとも思いましたが、アセル・ロゥレンはかつてウルサーンの入植地であった歴史も有るので、遺跡の上に樹木が根を張った形にしてみようかと思っています。
 乗り手の方はキットの物ではなくウッドエルフのパーツから作る事になると思います。
 絵ではとりあえず槍を持って背に乗っていますが、グレイトウェポンを持たせて頭に乗せるのも良いかな?とも思っています。

 とにかくエスキースはこんな感じです。
 この通りに製作出来るかどうかはわかりませんが、なるべくイメージに近づけて行こうと思います。

2 件のコメント:

East さんのコメント...

ちゃーっすノリです
自分も後にドラゴン製作するので
楽しみに拝見させて貰います。
色々質問するかも知れませんがよろしくです。(笑)

スノット さんのコメント...

>eastさん
実は今PCがトラブっているので暫らく更新が出来なくなりそうです。
製作は進めているので復帰次第アップしますね。