このブログを検索

2007年10月29日月曜日

今度はライブラリアン



 先週、先々週の戦訓を生かして我が戦団にもライブラリアンを編入する事にしました。
 メタルミニチュアは幾つか発売されているのですが、値段の問題と自作のミニチュアの方が思い入れが入ると思い、プラパーツで組んでみる事にしました。
 ボディと左腕はコマンド・スカッドのチャプターチャンピオンの物です。
 左手のパワーソードは装飾を施してフォースウェポンにするつもりです。
 それからフォースウェポンと並んで重要なサイキックフードですが、いつだったか見かけた方法をパクッてみました。
 マリーンのショルダーアーマーを使う方法で、ボディの襟を切り落として当ててみると異常なほどサイズが合致しました。
 これを考えた人は天才かも知れません。
 サイズが確認できたので、アーマーをサイキックフードらしい形に切り出します。
 GW製品の材質は軟らかめなのでカッターで比較的簡単に切り出す事が出来ました。
 加工は簡単なのですが、細かい造型の物は壊れやすい所も有り、一長一短です。
 そんな訳でパーツを組み合わせてみると意外とそれらしくなりました。
 マントを作ってからバックパックを取り付ける予定です。

2 件のコメント:

天 さんのコメント...

毎度ながらスノットさんのモデリングは
キャラが立ってて格好良いデスネ!
昔、「七人の侍」って映画のリメーク?で
「荒野の七人」と言う映画があって、更に
そのパクリ?で「宇宙の七人」と言う
SF映画がありマシタ^^
スノットさんがオールドワールドで
活躍させてる「ワイルド7」みたいに
オリジナルチャプターのキャラ達で
「宇宙の七人」とかやるのカナ?と
勝手に期待しちゃってる髭親父デス^^

スノット さんのコメント...

>天さん
 やっぱりキャラクターのポージングは大事ですね。
 ピストルやソードの手首の角度なんかは微妙にいじってますよ。
 ポーズを決めるときに自分でポーズをとったりしちゃってます。

 「七人の侍」と「荒野の七人」は観ましたよ~
 「宇宙の七人」も良いけれど、レイヴンガードなので「セヴンレイヴン」(七羽の鴉)なんてのが良いかなと思います。
 具体的な事は考えてないんですけど…