このブログを検索

2007年10月22日月曜日

10.21さいたまミニチュアゲームデイズ





 土曜日の日記にも書いたとおり、昨日の日曜日は浦和で開催された「さいたまミニチュアゲームデイズ」にお邪魔しました。
 今回はジキルさんが手製のゴージャスなゲームボードを会場に持参してくれました。
 プレイヤーがちらほら集まってきた所で早速ジキルさんのゲームボードを使わせて頂いて、主催のかねこさんとウッドエルフvsエンパイアでFB2000ptsバトルを行いました。(写真上2段)
 こちらはもう10月も下旬に差し掛かってオリオン入定も近いので、今年の使い収めになるかと思って”樹海の王君”オリオンをジェネラルに編成しました。
 当初はスチームタンク対策にツリーマンを編入していたのですが、生憎ミニチュアを忘れてしまった為、急遽ウォーホークライダーやウォーダンサーを入れて調整しました。
 かねこさんのエンパイアは、ジェネラルをウィザードロードと2人のプリーストをキャラクターに迎え、アーミー全体は接近戦主体の編成になっており、射撃ユニットは2つのハンドガンナーのみでナイトとインファントリーを主力として、戦場中央には傭兵のジャイアントとオウガブルが布陣していました。
 先ずジャイアントに取り付かれるとフォローが大変なので、1ターン目に射撃を集中する事にしました。
 オリオンの「鷹の鉤爪」がヒットして3ダメージを奪う事に成功し、その次にグレィドガードがロングボゥを射掛けるとダメージロールで6が3つも出てジャイアントを討ち取ることが出来ました。
 2週間の間ダイスを振らずに熟成していたのが良かったのかもしれません。
 続いてアルドール(オルターノーブル)からペガサスに乗るウィザードロードに「滅びの雹」を射掛けると、主人にダメージを与える事は叶いませんでしたが、ペガサスは撃墜できました。
 その後ブルがオリオンから逃げ損ねて全滅したり、ウィザードロードがアルドールに捕まったりして4ターンでほぼ相手の兵がいなくなり、投了勝ちとなりました。
 編成の噛み合わせとダイスの出目が極端だったような気がしました。
 昼食をはさんで今度は40kを2アーミー(ティラニッドとケイオススペースマリーン)を持参していたKTさんと40kで1500ptsバトルを行いました。
 今回は新しく発売されたケイオスマリーンの戦力が知りたかったので、お願いしてケイオスマリーンで前日の夜に完成させたシルバースポット隊長率いるスペースマリーン(レイヴンガード)で戦う事になりました。
 序盤にSスポットが合流したアサルトスカッドで敵に突撃できる距離まで接近したのですが、次のターンに敵ケイオスソーサラーのサイキック能力で敵の近くに引き寄せられてコーンのアイコンを持ったチョーズンに逆に突撃を喰らい、一気に10人居たアサルトスカッドがサージェントを除いてやられてしまいました。(写真3段目)
 今回新たに加わったサイキックだそうですが、非常に強力なパワーなので、Cマリーンの常套手段になりそうです。
 もしかしたらライブラリアンが必要かも知れません。
 しかしながらSスポットとサージェントが健闘して何とか持ちこたえ、次のターンに逆転する事に成功しました。
 Sスポットはその後ソーサラー合流のラプター達に突撃を受けましたがヴェネラブルドレッドノートの助力を得て退ける事に成功しました。(写真4段目)
 そして一方では浸透戦術で敵ディファイラーの近くに配置したスカウトにディファイラーから突撃を仕掛けられ、2ターンの戦闘でサージェントのパワーフィストでディファイラーを撃破する事に成功しました。(写真最下段)
 その後ターミネイターやスナイパースカウト、ランドスピーダーの射撃で残存戦力をほぼ討ち取って、4ターンで投了勝ちとなりました。
 マリーンを始めて始めての白星でした。
 ようやく戦い方が解ってきたかも知れません。
 その後イベント終了後残ったメンバーで近くのファミレスで食事をしながら世間話をしました。

2 件のコメント:

Familia F-F さんのコメント...

¡Very good WH40k paintings!

Sorry for my level 0 "nihongo".

スノット さんのコメント...

>Mr familia f-f
Hello&thanks!
I am bad at english.